ページTOPへ戻る
人と自然、アートが交差する。金津創作の森

企画会 & イベント

企画展

2023年4月〜2024年3月

企画展

  • アートドキュメント2023井口雄介展 Site-Sight-Scape
    「KALEIDO-SCAPE」2016 © Yusuke Iguchi

    アートドキュメント2023
    井口雄介展
    Site-Sight-Scape

    4月22日(土)~ 6月11日(日)
    会場:美術館 アートコア・野外美術館
    アートドキュメントシリーズ26回目の招待作家は、現代美術作家の井口雄介。鑑賞者自身に巨大な万華鏡を動かして風景を変化させる作品「KALEIDO-SCAPE」など、井口氏の作品コンセプトである『体験』を重視したインスタレーション・アートを金津創作の森の自然環境を生かしながら、大規模に展開させます。
  • 原田治 展  「かわいい」の発見 Osamu Harada: Finding \
    © OSAMU HARADA/KOJI HONPO

    原田治 展「かわいい」の発見
    Osamu Harada: Finding "KAWAII"

    7月15日(土)~ 9月24日(日)
    1970年代後半から90年代にかけて、人気を博した「OSAMU GOODS(オサムグッズ)」の生みの親、原田治(1946-2016)。北陸初開催となる本展では、イラストレーターとして活動するきっかけとなった、1970年代「an・an」の仕事をはじめとして、広告・出版・各種グッズなど多分野にわたる作品を中心に、幼少期~20代前半の初期資料や、エッセイ集『ぼくの美術帖』関連資料も交えて展示し、時代を超えて愛される、原田治の全貌に迫ります。
  • フジフイルム・フォトコレクション展
    土田ヒロミ 「愛知 一色黒沢 1969 <俗神>より」

    フジフイルム・フォトコレクション展
    日本写真史をつくった101人−「珠玉の1枚」

    10月28日(土)~ 12月10日(日)
    「フジフイルム・フォトコレクション」は、富士フイルム株式会社が、2014年に創立80周年を記念して創設した写真コレクションです。写真が未知なる視覚体験として幕末に伝来してから現代に到るまで、日本ではすぐれた写真家が数多く誕生しました。時代の変遷のなかで、彼ら・彼女らは写真表現の可能性を探り、自らの姿勢や問題意識を明らかにしてきました。本展では、日本写真史を語る上で欠かせない101人の写真家が撮影した作品を銀写真プリントで展示し、日本写真史の軌跡を紹介します。
  • 出発展 ふくいのクリエイターが案内する「観光✕デザイン」
    出発展メイングラフィック(部分)

    出発展 ふくいのクリエイターが案内する
    「観光✕デザイン」

    2024年1月20日(土)~ 3月3日(日)
    福井で活動するデザイナーや建築家などのクリエイターチームたちは日々の活動を通して、福井に点在するたくさんの魅力を実感しています。「出発展」では、20代のクリエイターが中心となってさまざまな分野の地域プロジェクトを深堀し、いつもと違う視点で福井を見つめる場をつくり、ここが新しい観光の発信地となることを目指します。県外のあなたはもちろん、県内のあなたも知らない魅力がきっと見つかるはず。ここからいっしょに福井を楽しむ旅へ出発しましょう。

イベント・他

  • 2023 金津創作の森 森のアートフェスタ
    前回の会場風景

    2023 金津創作の森
    森のアートフェスタ

    5月13日(土)・14日(日) ※雨天開催
    会場:野外
    新緑の森を舞台にクラフトやアート、生活雑貨まで、全国の作り手が様々なジャンルの手作り作品を販売します。モノづくりの楽しさ、作り手との交流を楽しみましょう!
  • 今村幸治郎展
    © Kojiro Imamura

    2023 今村幸治郎展(共催)

    5月20日(土)~ 5月28日(日)
    フランスの名車“シトロエン”や、かわいいロボット達を題材に色鉛筆で描かれる、繊細でロマンチックで愛にあふれる絵画展。
  • 第22回 フレンチ・トースト・ピクニック 2023
    前回の会場風景

    第22回
    フレンチ・トースト・ピクニック 2023

    (共催)

    5月28日(日) ※雨天開催
    会場:野外
    全国から集まるフランス車や、国内外の名車・旧車の展示。市内を旧車が走るタイムラリーなど、ピクニック気分でお楽しみください。
  • 2023 金津創作の森 クラフトマーケット
    前回の会場風景

    2023 金津創作の森
    クラフトマーケット

    10月7日(土)・8日(日) ※雨天開催
    会場:美術館 アートコア・野外
    毎日の暮らしの中で使いたい良質な生活工芸品を販売します。実演やワークショップも開催し、手仕事の良さが感じられる2日間です。
  • ちょっとこんなこと森でしてみました!
    ディスクオルゴール(アメリカ製)

    ちょっとこんなこと森でしてみました!

    10月15日(日)
    オルゴールで身体の調子が整えられるってご存知ですか? 耳に聞こえない音がたくさん出ているクオリティの高いオルゴールの音を、森の中で聴いてみませんか?
    高田悦子(オルゴール・セラピスト)
    山口紀子(コーディネーター/金津創作の森入居作家:作曲家・音楽監督)
  • 第15回 講座生展
    前回の会場風景

    第15回 講座生展

    2024年3月16日(土)~ 24日(日)
    金津創作の森の講座受講生が、日頃の創作活動の成果を合同で発表します。
  • 第40回 FUKUIサムホール美術展

    第40回 FUKUIサムホール美術展

    3月16日(土)~ 3月31日(日)
    キャンバスサイズが「22.7×15.8cm」の中に、美と創造性が凝縮された絵画の公募展。入賞・入選作品を一堂に展示します。
    主催:(公財)金津創作の森財団・FBC
  • 金津創作の森主催・共催事業のみを掲載しています。
  • 日程・企画内容は、変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

2024年4月〜2025年3月


アートは“かがやき”
北陸新幹線福井開業記念

企画展

  • 淺井裕介展 星屑の子どもたち
    《空から大地が降ってくるぞ》「武隆ランバ国際大地芸術祭」展示風景、重慶、中国、2019年
    ©Yusuke Asai, Courtesy of ANOMALY

    淺井裕介展 星屑の子どもたち

    4月27日(土)~ 8月25日(日)
    会場:美術館 アートコア・野外美術館
    土、テープ、道路用白線などを素材に、国々の様々な場所で奔放に絵を描き続け、マッチ箱から50mを超す壁画までを受け止める場所や環境にしなやかに呼応して、絵画表現の本質を探る美術作家。今回は「あらゆるものは変化を続ける」をキーワードに、代表作である様々な土地の土を使った泥絵作品を中心として、たくさんの小さな陶器の立体など、五感を通じて見るものに身近な日常を再認識させるような作品が並びます。
  • Kosei Komatsu Exhibition 光と影のモビール 現象する夏
    「海のモビール」朝日町ふるさと美術館での展示風景 photo:柳原良平

    Kosei Komatsu Exhibition
    光と影のモビール
    現象する夏
    (仮称)

    7月20日(土)~ 8月25日(日)
    「浮遊」への興味から、光と影を巧みに用いて、動きのある大規模なインスタレーションを国内外において展開している小松宏誠。2022年の春の「森の夢」から2024年夏の舞台は、天井の高い大きな空間 <美術館アートコア ミュージアム- 2> で、かがやく海のような「海のモビール」を中心に、夏の断片が形を持ち現れるような幻想的にきらめく想像の世界をお楽しみください。
  • アートドキュメント2024 岩崎貴宏展
    「アウト・オブ・ディスオーダー(コニーアイランド)」2012/ビーチタオル/個人蔵
    © Takahiro Iwasaki, Courtesy of ANOMALY

    アートドキュメント2024
    岩崎貴宏展
    (仮称)

    9月28日(土)~ 12月15日(日)
    歯ブラシ、タオル、本といった見慣れた日用品を素材に、観覧車や電波塔などの構造物をスケールダウンし、緻密で繊細な作品を制作している現代美術家・岩崎貴宏。長い歴史を誇る国際美術展「ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展」に日本館の代表として出展するなど、国内のみならず、国際的に活躍しています。国を越えて幅広い世代の鑑賞者を魅了してきた現代アートを、福井の地で体感できる貴重な機会を創り出します。
  • 第11回 森の作家展「水・粋・酔」
    前回の展示風景

    第11回 森の作家展
    「水・粋・酔」
    (仮称)

    2025年1月20日(土)~ 3月2日(日)
    開館より継続して開催する、金津創作の森入居作家の作品展です。11回目のテーマは「水・粋・酔」。5名の森の作家とその仲間たちが3つの文字から着想を得て作品を制作し、光と音が織りなす幻想的な展示構成の中で新たな表現を展開します。自由で豊かな発想から広がる作品世界をお楽しみください。

イベント・他

  • 森のアートマーケット2024
    過去の会場風景

    森のアートマーケット2024

    5月11日(土)・12日(日) ※雨天開催
    会場:野外
    新緑の森を舞台に、クラフトやアート、生活雑貨まで、様々なジャンルの作り手が全国各地から集結し、手作り作品を出店します。作り手との交流やモノづくりの楽しさに触れる2日間です。
  • 今村幸治郎展
    © Kojiro Imamura

    2024 今村幸治郎展(共催)

    5月18日(土)~ 5月26日(日)
    フランスの名車“シトロエン”や、かわいいロボット達を題材に色鉛筆で描かれる、繊細でロマンチックで愛にあふれる絵画展。
  • 第23回 フレンチ・トースト・ピクニック 2024
    過去の会場風景

    第23回
    フレンチ・トースト・ピクニック 2024

    (共催)

    5月26日(日) ※雨天開催
    会場:野外
    全国から集まる国内外の名車や旧車の展示、市内を旧車が走るタイムラリーなど、ピクニック気分で楽しめるイベントです。
  • わくわくにっこりロハスマーケット2024(共催)
    ロゴマーク

    わくわくにっこりロハスマーケット2024(共催)

    10月5日(土)・6日(日) ※雨天開催
    会場:野外・美術館 アートコア
    こだわりぬかれた作品やフードが並び、心地よい時間が過ごせる、地球と心にやさしい、ロハスをテーマとしたイベントです。大人から子どもまで楽しめるアートなプレーパークもあります。ごみ削減のためマイ食器・マイバッグをご持参ください。
  • 演衆やむなし第十二回公演「ケンジとススムの星めぐり」(共催)
    ロゴマーク

    演衆やむなし第十二回公演
    「ケンジとススムの星めぐり」
    (共催)

    10月26日(土)27日(日)
    月明かりの下、ススムはケンジと旅に出る。宮沢賢治作品の数々を舞台に描く、大人から子どもまで楽しめる新作公演。
  • 第16回 講座生展
    過去の会場風景

    第16回 講座生展

    2025年3月15日(土)~ 23日(日)
    金津創作の森で開催している陶芸、ガラス、染め、3講座合同の作品展。
  • 第41回 FUKUIサムホール美術展
    過去の会場風景

    第41回 FUKUIサムホール美術展

    2025年3月15日(土)~ 3月30日(日)
    キャンバスサイズが「22.7×15.8cm」の中に、美と創造性が凝縮された絵画の公募展。入賞・入選作品を一堂に展示します。
    主催:(公財)金津創作の森財団・FBC
  • 主な財団主催・共催事業を掲載しています。
  • 日程・企画内容は、変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

(公財)金津創作の森財団

〒919-0806 福井県あわら市宮谷57-2-19
TEL 0776-73-7800
FAX 0776-73-7805
E-mail
開館時間
9:00~17:00 (企画展は10:00~/夜間は貸館に応じて22:00まで

休館日
月曜日(祝日開館・翌平日休館)・年末年始
Copyright © 2024 Kanaz Forest of Creation. All rights reserved.